闇金 携帯電話 買取

闇金に脅されて携帯電話を契約した話し

闇金 携帯 買取

もう闇金しかお金を借りるところがありませんでした。闇金の利息の金も集まらなかったときに新規で携帯電話を契約すれば買い取ってやると脅されてやむをえなかったんです。

数年前に自己破産をして、通常の方法では借金が難しい立場になりました。しかしそんな矢先に病気を患い医療費が必要になり、やむなく頼ったところが闇金でした。今となってはどうかしていたと思えますが、当時はそれだけお金の工面に必死だったのです。

しかし案の定返済は滞り、金利も異常な数字でますます危機に追い込まれてしまいました。取立ての知らせに怯える中、闇金から返済免除の交換条件として出されたのが、携帯電話の購入です。噂には聞いていましたが私にも当たり前のように要求してきて、私は渋々従うしかありませんでした。

もちろんそれが犯罪に使われたりするのは知っていました。それでもそうするしかなかったのです。とはいえ携帯電話を買わされた後、このまま闇金に渡してはいけないと強い気持ちが芽生えました。借金をしたのは自分の責任なのにも関わらず、それが原因で他に被害を被る人が出るのは絶対にあってはいけません。

そこで私は対処方法として、弁護士事務所に駆け込むことから始めました。本当は警察の生活相談課の方へ行こうかと思いましたが、既に携帯電話を買わされる段階まで進んでいる後ろめたさもあり弁護士を頼ったのです。弁護士にはこれまでの経緯を詳細に説明し、まだ肝心の携帯電話を闇金に渡していないことを伝えました。そのとき大丈夫だと、必ず解決できると言ってもらえ、非常に勇気をもらったのを覚えています。

相談から1日経ち、闇金側から携帯電話はどうなったかと脅しの電話を受けました。そのとき弁護士に電話を代わってもらい、間に入って話をしてもらいました。弁護士はかなり落ち着いた口調で、頼もしく見えました。それから僅か数分後、電話は終わり携帯電話は渡さなくて構わないと言ってもらいました。借金自体も違法な金利分は支払わなくて良くなり、全体の金額自体も減額することに成功したのです。

私には弁護士が神様のように見えました。真っ先に相談をして本当に良かったです。もし同じように闇金から携帯電話を買わされる事態に陥った人がいれば、弁護士に頼るといいのではと思います。そうすれば解決に向けて大きく前進できるでしょう。